Giới thiệu sách
Được đóng góp bởi OBook Team

身も心も会社にささげる「サラリーマン全体主義」が企業を滅ぼす。

「東芝原子力事業の暴走と、それを糊塗するためにほぼ全事業部で行われた粉飾には、何千人もの東芝社員が関わった。(中略)まさに「滅私奉公」「全社一丸」だ。

そのやり方では、もはやグローバル競争に勝てないことを、我々は知っている」(エピローグより)

社内で経営陣が交わした粉飾メールをはじめ、数々の内部資料をもとに東芝を追及してきたジャーナリストによる決定版。

●目次●

第1章 原子力ルネサンス

「テレビやスマホの代わりに原発を輸出すればいい」という経産省の思惑。それに乗った東芝・西田厚聰社長には経団連会長への野心があった。

第2章 東日本大震災

次々と水素爆発を起こす福島第一原発。メーカーとして最大の危機を迎えてなお「原発輸出」にまい進する佐々木則夫社長を支えた一人の男。

第3章 粉飾決算(2013年~2014年)

買収した米原発機器大手・ウエスチングハウスの減損を隠すため、巨額の粉飾に走る幹部。社内を飛び交うメールからは粉飾指南役の陰も。

第4章 破滅への道程(2015年~2017年)

第二の減損発覚で追い詰められた東芝。優良事業の売却を繰り返し、残るのは原発事業のみ。倒産の危機に。

第5章 原発ビジネスの終焉(1956年~2017年)

「国策」への協力を決断したかつての東芝社長、土光敏夫と現経営陣の違いは何か。

第6章 東芝が消える日(2017年~)

原子力業界には東電を頂点とするヒエラルキーがあり、東電は「東電の正妻」と言われていた。東芝の命運を握る東京電力で、いま何が起こっているのか。

Reviews 0
Thông tin chi tiết
Tác giả 大西康之
Nhà xuất bản 文藝春秋
ISBN 9784163906744
Trọng lượng (gr) 550
Số trang 210
Giá bìa 478,000 đ